2009年11月30日

DVD「シュート・シュート・シュート」リリース!

LUX_sss_90x128.jpg


DVD「シュート・シュート・シュート ー1960年代及び1970年代のイギリス・アヴァンギャルド・フィルムー」、アムキー4周年を記念してのリリースです。アヴァンギャルなスピリットの源泉、おすすめです。

ラディカルに革新的な方法で映画を探究し、次世代のアーティストにも大きな影響を与え続けている作品群のDVD版。
イギリス、ロンドンの老舗アーティストフィルム/ビデオ配給組織LUXから発売。特別日本語版パンフレットも読み応えがあります。

http://amky.org/japanese/store/index.html




シュート・シュート・シュート

ロンドン・フィルムメーカーズ・コーポレイティヴ(LFMC)の初期作品は、映画がラディカルな革新的な方法で探求され、新たな表現方法が確立された時期に制作された重要な作品群である。これらの作品は、動画作品(ムービング・イメージ)や光と持続時間の要素を取り入れたパフォーマンス、またインスタレーション作品を制作する次世代の芸術家に大きな影響を与え、今日美術館や画廊で展示されている作品を先取りしていたと言えるだろう。

この重要な芸術探求の功績は、LFMCの初期作品(1966〜1976年)を集めた国際巡回展「シュート・シュート・シュート」によって再評価が始まった。映画作品とダブルスクリーン上映を含むエクスパンデッド・シネマ作品による8つのプログラムが2002年5月から2004年8月の間に、テート・モダン(ロンドン)、アントニ・タピエス美術館(バルセロナ)、クンスターレ・バーゼル、イメージ・フォーラム(東京)、アンソロジー・フィルム・アーカイヴズ(ニューヨーク)など19の都市の上映会場を巡回した。

「シュート・シュート・シュート」というタイトルは、ジョナス・メカスとニューヨーク・フィルムメーカーズ・コーポレイティヴにLFMC創立を伝えた1966年の電報に由来する。それから40年が経過したが、これらの作品は未だに生き生きして、現代的である。LFMCで1960年代から1970年代にかけて作られた革新的作品はこの企画によって新たな認識を得たが、フィルムによる作品上映の機会は未だに少ない。このDVDは当時の重要作品を容易に鑑賞して頂く為に制作したが、フィルムによる作品上映に取って代わるものではなく、あくまで作品の参考と考えて頂きたい。


:


posted by amky at 17:12| new release