2011年10月26日

2011年10月25日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
[フェス] 逆境からのメディアアート機関の挑戦 http://t.co/IXFaftyW at 10/25 21:24
posted by amky at 00:01| news

2011年10月12日

2011年10月11日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
瀧さん、アーティストトーク!http://t.co/zaUKxdgF RT @koganechobazaar #bazaar 10月12日(水)アーティストトーク 瀧健太郎 西倉潔 http://t.co/hD9MHjul at 10/11 22:08
posted by amky at 00:01| news

2011年09月19日

実験映画サミット

「実験映画サミット Vol.1」のご案内をいただきました。



「実験映画サミット Vol.1」
2011年10月30日(日)13時〜 新宿ネイキッド・ロフト>>>

第1部(13時〜) 実験アニメーションの逆襲!〜『緑子/MIDORI-KO』公開記念〜 
出演:黒坂圭太(アニメーション作家)
伊藤高志(映画作家)
   水由章(映画作家・『緑子』プロデューサー)
   岡村恵子(恵比寿映像祭ディレクター)  
   司会‐金子遊
   予定時間:80分 

第2部(14時40分〜) 60’s−テン年代 実験映画は終わってない!
出演:村山匡一郎(映画評論家)
   大久保賢一(映画評論家)
   西村智弘(映像評論家)
   牧野貴(映像作家)
   原將人(映画監督)
予定時間:80分 司会‐金子遊
posted by amky at 18:35| news

2011年07月25日

2011年07月24日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
第7回アジア次世代キュレイター会議、発表希望者および聴講希望者の申込開始: http://t.co/dmzNGYz via @AddThis at 07/24 23:36
posted by amky at 00:01| news

2011年07月19日

2011年07月18日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
7月23日(土)最終回、お見逃しのないように。1、2回目とも満席、早めのご予約を!*映画講座+上映「飯村隆彦ークラシック&アバンギャルド at KEN」*アバンギャルドの鬼才が古典映画を解体!| 19:00開演@KEN(三軒茶屋)要予約http://t.co/SvT0Pqr at 07/18 21:00

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
Realtokyo Book/Diskで、カタログ+DVD「ヴァイタル・シグナル 日本の初期ビデオアート」ピックアップいただいています →「ポストフィルム、プレノンリニア世代の創造性 」by 澤隆志 http://t.co/mA3xIHH at 07/18 20:51
posted by amky at 00:01| news

2011年07月14日

2011年07月13日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
*Call for Applicants* International Invitation Program for Animation Artists 2011 | Animation Artist in Residence Tokyo http://t.co/VUL3Xtd at 07/13 08:19
posted by amky at 00:01| news

2011年07月05日

2011年07月04日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
ジョナス・メカス/飯村昭子訳『メカスの難民日記』出版!『メカスの映画日記:ニュー・アメリカン・シネマの起源 1959-1971』から約40年。http://t.co/8abZvCo @misuzu_shobo at 07/04 18:12

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
昨年日本で意欲的に研究されたJulian Rossによる@closeupfilms Essential Experiments: Iimura Takahiko programme @BFI Southbank 19th Aug 20:40 http://t.co/HR3mBf8 at 07/04 17:59

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
*rePICKUP*映画講座+上映「飯村隆彦ークラシック&アバンギャルド at KEN」*アバンギャルドの鬼才が古典映画を解体!| 2011年7月9日(土)/ 16日(土)/23日(土)19:00開演@KEN(三軒茶屋)要予約http://t.co/SvT0Pqr at 07/04 17:05
posted by amky at 00:01| news

2011年06月23日

2011年06月22日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
素晴らしい企画ですね!ベン・リヴァース作品も上映。@hacohacodotnet 7月5日 (火) 映画+音楽+シンポジウムの夕べ - 緊急企画「大人になったら芸術家になりたい」会場:同志社大学寒梅館クローバーホール (京都) → http://t.co/xS3yExK at 06/22 23:46
posted by amky at 00:01| news

2011年06月11日

2011年06月10日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
*PICKUP*映画講座+上映「飯村隆彦ークラシック&アバンギャルド at KEN」*アバンギャルドの鬼才が古典映画を解体!| 2011年7月9日(土)/ 16日(土)/23日(土)19:00開演@KEN(三軒茶屋)要予約http://www.kenawazu.com/ at 06/10 19:36

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
「格好良い、ラジカルなプログラム」、駆けつけたい素晴らしいプログラムですよね!RT FLAME / FRAME ダブル・フレーム: http://t.co/GOU8cPP at 06/10 19:30

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
*PICKUP*「FLAME / FRAME ダブル・フレーム」| 6月28日(火)18:30~|同志社大学| 映画の本質にラディカルに迫る短編実験映画特集上映http://www.doshisha.ac.jp/students/support2/kaprog/clover/ at 06/10 19:27
posted by amky at 00:01| news

2011年06月10日

2011年06月09日twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
おすすめ上映会*「Here, There, and Between: アメリカ実験映画の現在」上映後、映像作家/キュレーター西川智也氏と映像作家牧野貴氏対談も*7月2日(土)| FACTORY | [+]企画  http://t.co/jxHXGmE via @uplink_jp at 06/09 18:05

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)| 平成23年度 横浜における創造的活動助成「先駆的芸術文化活動部門」 第2期募集中|6月30日(木)必着http://www.yaf.or.jp/artscommission/grants/grants01.html at 06/09 12:38
posted by amky at 00:01| news

2011年06月03日

twitter

amky_art / アムキー(art media K.Y.)
コミュニティシネマセンターでは、地域コミュニティの映像文化を担う人材育成のための総合講座「映像メディア・キュレーター養成講座」の受講生を募集しています。http://jc3.jp/news/2011/05/post-15.html at 06/03 14:36
amky_art / アムキー(art media K.Y.)
6月4日からスタートするパリのポンピドゥーセンター主催のHORS PISTES TOKYO 2011。8、9日の日本映像作品セレクションでは、飯村隆彦、河合政之、瀧健太郎、中沢あき、中村明子、西山修平他作品上映。11日シンポ。http://horspistestokyo.com/ at 06/03 14:32
amky_art / アムキー(art media K.Y.)
「1960、70年代 ー メディアアートのパイオニアたちが挑んだ実験映画の痕跡」、「商業映画でも、実験映画でもない、もう一つの映像文化史の源流へ」*カタログ+DVD「ヴァイタル・シグナル 日本初期ビデオアート」|制作・発売:EAI (NY) http://amky.org/ at 06/03 14:11
amky_art / アムキー(art media K.Y.)
カタログ+DVD「Vital Signals (ヴァイタル・シグナル) 日本初期ビデオアート」個人版をリリースしています。昨年ライブラリー版リリースの際、個人版のご要望をたくさんいただきました。ご活用下さい!http://amky.org at 06/03 14:04
posted by amky at 15:35| news

2011年04月21日

『フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』の刊行記念トーク番組のオンエア

『フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』の刊行記念トーク番組のオンエアのお知らせをいただきました。


4/22(金)20時〜22時
かわなかのぶひろ(映像作家)×西村智弘(美術評論家) ホスト:金子遊
こちらのチャンネルで >>>

続きを読む
posted by amky at 14:21| news

2011年03月10日

メディア芸術オープントーク(最終回)

メディア芸術オープントークの最終回のご案内をいただきました。



「『メディア芸術』ってよくわからないぞ−『メディア芸術』は世代を超える」が開催されます!

第7回目の「メディア芸術オープントーク」が、3月12日(土)に東京・六本木で開催されます。
最終回となる今回は、全国5ヶ所でのオープントークを通して得た考えをコア・フェロー各氏がプレゼンテーションする他、ゲストとして依田巽氏(ギャガ代表取締役会長兼社長CEO/東京国際映画祭チェアマン)が登場、「メディア芸術」に関する議論が行われます。
一体、メディア芸術とは何なのか、メディア芸術を振興するというときに国は何をするべきなのか・・・全国各地でオープントークを繰り返す中で、見えてきたものとは・・・。

■日時:2011年3月12日(土)13:30〜17:00(13:30開場)
■会場:六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール
■入場無料

続きを読む
posted by amky at 10:12| news

2011年02月07日

第1回中之島映像劇場「美術と映像:戦前から戦後へ」

大阪の国立国際美術館の方からご案内をいただきました。

「メディアに立脚した、言葉の最も広い意味での『美術と映像』の歴史的な変遷を探り、現代の状況の解明を試み、さらには今後の動向をも予示出来ればと願っています。」という主旨、今後の展開に期待です。
年2回の上映会の予定とありますあ、月に1回ぐらいの開催を希望します。
とはいえ、残念ながら大阪なので参加はむずかしいですね。
東京の美術館でも同様の試みをぜひ!



第1回中之島映像劇場
美術と映像:戦前から戦後へ
−−東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品による上映会−−

【日時】2011年3月26日(土)、27日(日) 両日とも13時、15時から開始
(Aプログラム冒頭に20分程度の解説付き。)

Aプログラム:映画の再発見:戦前ヨーロッパにおける前衛映画(1時間8分)
Bプログラム:.美術と映像:戦後日本における胎動(1時間40分)

詳細 >>>
posted by amky at 09:21| news

2011年01月21日

なにかいってくれ いま さがす

昨年開催された興味深い展示「草月アートセンタ|印刷物という半影(1958-1971)」の続編のイベントのご案内をいただきました。
かつて草月会館ホールで繰り広げられた数々の出来事について、残された資料群について、そして「アーカイヴ」について議論を交わされます。



なにかいってくれ いま さがす

眠りにつこうとする時、昼間の出来事を意識的に回想する人は誰でも、いろいろな選択肢の半影的なうねり(penumbral welter)を背景に、その出来事を潜在意識的に映し出しているのである。ーA. N. ホワイトヘッド『過程と実在ーコスモロジーへの試論』(1929年)

○展示|EXPOSE 1968ーなにかいってくれ いま さがす
1968年4月、旧草月会館ホールで行われた計5回の連続シンポジウム(主催=草月アートセンター、デザイン批評 / 風土社)に関する資料群の展示

○映画|黒木和雄《椅子を探す男》1968年|16 mm|カラー|11分 ※デジタル上映
1968年4月25日、「EXPOSE 1968ーなにかいってくれ いま さがす 第4回 / 蒸発のすすめ(虚像と実像)」 上映作品
1968年10月、「フィルム・アート・フェスティバル東京1968」(主催=草月アートセンター)入選作品

○公開セッション|なにかいってくれ いま さがすー半影のモンタージュ


・日時|2011年1月30日(日曜日)13:00ミ18:30
・場所|慶應義塾大学三田キャンパス東館 6F G-SEC Lab.
   入場無料(客席数150)
・主催|港区アート・アーカイヴ=地域芸術資源採掘プロジェクト MARM(Mining Art Resources in Minato)
・助成|平成22年度港区文化芸術振興基金助成事業
・協力|財団法人草月会資料室、並木てる子、有限会社映画同人社、東京国立近代美術館フィルムセン・ター、慶應義塾大学アート・センター
・お問い合わせ|慶應義塾大学アート・センター内 MARM 事務局
 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
 電話 03.5427.1621

続きを読む
posted by amky at 07:58| news

2011年01月19日

メディア芸術オープントーク

昨年の11月27日(土)に東京で開催されたメディア芸術オープントークが全国各地で開催中で、今週末には金沢21世紀美術館で開催されます。
文化庁も「メディア芸術の振興」重視し、メディア芸術コンソーシアム構築事業を立ち上げ、オープントーク開催がされています。



メディア芸術オープントーク
1月23日(日) 第4回「金沢発!車座で語ろう:『メディア芸術』ってよくわからないぞ」

会場:金沢21世紀美術館

第5回と第6回は仙台市、福岡市で開催される予定です。
詳細はメディア芸術オープントークウェブサイト 

※ 第1回は東京、第2回は沖縄、第3回は京都で開催されました。
第1回のオープントークの内容は上記のウェブサイトで見ることができます。

posted by amky at 09:35| news

2010年11月23日

映像講座「ドキュメンタリー : カメラ・アイの冒険」

武蔵野美術大学で開催されるイメージライブラリー映像講座「ドキュメンタリー :カメラ・アイの冒険」のご案内をいただきました。
村山匡一郎さんによる解説と、科学映画の巨匠ジャン・パンルヴェの「タツノオトシゴ」等、貴重な作品の上映もあるそうです。
イメージライブラリーでは、興味深い講座を継続されています。



第35回イメージライブラリー映像講座
「ドキュメンタリー : カメラ・アイの冒険」

〇開催日:2010年11月25日(木) 16:30〜
〇会場:武蔵野美術大学 第二講義室(1号館104教室)
〇講師:村山匡一郎氏
(映画評論家,造形研究センター映像資料研究プロジェクト研究員)

内容:社会的な出来事から個人の内面世界まで、ドキュメンタリー映画は様々な出来事を見つめてきました。そして、肉眼ではなくカメラの眼によって物事の深い底まで降りてゆこうとする映像作家たちの探求の姿勢からは、様々な映像表現が生まれました。本講座ではイメージライブラリーが所蔵する様々なドキュメンタリー映画を紹介するとともに、その多様な映像世界と自由な表現について探究していきます。

〇主催:造形研究センター
〇事務局:美術館・図書館 イメージライブラリー

詳細 >>> 武蔵野美術大学 イメージライブラリー

続きを読む
posted by amky at 08:05| news

2010年11月19日

「記憶の旅[愛の小さな徴]」

数年前、札幌で企画したイベントでお会いした方からご案内をいただきました。アムキーを応援して下さっている方々も参加されていて、うれしいご案内です。



アートと映画の出会い[記憶の旅]
港千尋原案企画「『愛の小さな徴 Signes d'Amour(シーニュ ダムール)』

〇会期:2010年11月7日(日) ー 12月7日(火)
10:00ー20:00(入場は19:30まで)
会期中無休
〇入場料/大人300円 学生等は無料
〇会場/JRタワー・プラニスホール [札幌エスタ11階]
 札幌市中央区北5条西2丁目 札幌エスタ11階 
(お問合せ/JRタワー文化事業室 011-209-5075)

続きを読む
posted by amky at 18:31| news

2010年11月13日

「VIVA Festival」@ 原美術館

先日、ソウルのMOCAでの上映インフォメーション見て興味津々のプログラムが、今日と明日、原美術館で上映されています。



「VIVA Festival」 ヴィデオアート34作品連続上映
Vital International Video Art Festival

〇日時:2010年11月13日(土)、14日(日)いずれも14:00より
原美術館
〇参加費(一日につき):
一般=2,000円/学生=1,500円/原美術館メンバー及び同伴者2名=各1,000円
※当日、開催中の「崔在銀 展―アショカの森―」もご覧いただけます。

短編ヴィデオアート作品34本を2日間にわたり、連続上映。
アイザック ジュリアン、フランシス アリス、ハンス オプ デ ビーク、ジュングエン=ハツシバなど16カ国34組のアーティストの多彩な作品を紹介いたします。 当日は、「VIVA Festival」を統括するスペインのキュレーター、マクモランによる挨拶(日本語逐次訳付)があります。
プログラムなど詳細 >>> 原美術館

*VIVA=Vital International Video Artの略。「VIVA Festival」は「祭典(フェスティバル)」という形で世界のヴィデオアートを紹介しようという試みのもと、スペインで立ち上げられました。
*日本語字幕はありません・上映は各作品とも一回のみ

続きを読む
posted by amky at 20:45| news

2010年11月06日

ブラジル映画連続講座

興味深い連続講座のご案内をいただきましたので、転載させていただきます。


『ブラジリアン・シネマの多面体』
ブラジル映画連続講座 今福龍太(人類学者・批評家)

第1回 ブラジルの発見

参考上映 『Descobrimento Do Brasil』(1937) Humberto Maulo 90min

西暦1500年、ポルトガルの探検家ペドロ・アルヴァレス・カブラールによる「ブラジルの発見」を映像史はどのように捉えてきたか。ウンベルト・マウロによる歴史大作映画『ブラジルの発見』と、シネマ・ノーヴォの代表的作家グラウベル・ローシャの『狂乱の大地』(66)との比較のなかに、ブラジルの自己形成の姿を浮かび上がらせる。

〇日時:11月 13日(土)14:00-18:00(開場14時、上映開始14時半)
〇会場:ギャラリーマキ
東京都中央区 新川 1-31-8ニックハイム茅場町 402号室
TEL & FAX : 03-3297-0717
東京メトロ東西線・日比谷線 茅場町駅3番出口を東へ徒歩10分 永代橋手前
〇料金 1講座3000円(上映+講義90分)要予約・20名限定。
〇予約受付 <>lettreocean@gmail.com 問い合わせ 090-4434-8774

※本講座は2010年11月、2011年1月,3月,5月の全4回都内各所で土日祝に開催される連続講座です。今後のタイトル・上映作品は下記をご参照ください。4回まとめて申込の場合、受講料は1万円になります。

続きを読む
posted by amky at 18:24| news